--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2016'01.27.Wed

地下街の雨

地下街の雨 (集英社文庫)
宮部 みゆき
集英社
売り上げランキング: 181,496


 初心に帰って読みかけだった感想でも書こうかとw以下ネタバレです
ムクロバラ
 デカ長は不運にも人を殺してしまった男が毎回自分のもとへ尋ねるのを不快に思っていた。だが、この男を無下に返すことはできず話をいつも聞いていた。彼はときどきデカ長に殺人事件の犯人は「ムクロバラ」だと言いにくるのだ(どれも犯人は捕まっており、どの犯人もムクロバラという名前ではない)。ムクロバラとはその不運な男が正当防衛で殺してしまった男の名だ。彼の心が病んでそう言いに来るのだろう、デカ長はそう思った。ただ、全ての殺人事件をムクロバラがやったというのではない――ではその事件に共通点はないのだろうか……

 ぎゃー、こ、怖かったです。途中あの若刑事デカ長に殺される!と思ったら長女が止めに入って安心したら最後のオチがあったとは思いませんでした。ちょっとした不幸が重なって、心が疲れてふとした衝動で人を殺してしまう。「ムクロバラ」は誰にでも住んでいるのかもしれません。でも長女が停戦監視団の彼女がずっと止めてくれると信じたいですね。そういった衝動「魔が差す」のを止めるのは人と人のつながりや思いやりだと信じたいから。そして、デカ長はいい人だと思うから。
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
2015'03.19.Thu

パラレルワールド・ラブストーリー 多分ネタバレ感想

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 7,750

  星は3.5に近い4かなあ
 ...READ MORE?
トラックバック(0)  コメント(0)
2015'02.18.Wed

欲しい本

 全く愛想のない日記で、申し訳ないんですが欲しい本メモです。こんなんでも更新しないよりはマシかなという言い訳をさせてもらえると嬉しいです。
満願
満願
posted with amazlet at 15.02.18
米澤 穂信
新潮社
売り上げランキング: 735
短編集なのにミステリの賞総なめとのことで気になってます

本屋さんのダイアナ
本屋さんのダイアナ
posted with amazlet at 15.02.18
柚木 麻子
新潮社
売り上げランキング: 4,130
現代版赤毛のアンという触れ込みに惹かれてます

魔女の宅急便 6巻セット
KADOKAWA / 角川書店 (2014-02-08)
売り上げランキング: 9,678
映画魔女の宅急便がスキなので、これは古本屋さんで100円で揃えたいなあ

GOTH番外篇  森野は記念写真を撮りに行くの巻 (角川文庫)
乙 一
角川書店 (2013-07-25)
売り上げランキング: 31,945
番外編が出てるとは知らなんだ

くちびるに歌を (小学館文庫)
中田 永一
小学館 (2013-12-06)
売り上げランキング: 1,361
前々から気になってたんだけど先ほど乙一サンの別名義が中田永一であると知りより読みたくなった

ぼくとアナン (講談社文庫)
梓 河人
講談社
売り上げランキング: 94,615
古本屋行くたびにチェックしてるけど未だにみかけたことない

週末は彼女たちのもの (幻冬舎文庫)
島本 理生
幻冬舎 (2013-08-01)
売り上げランキング: 188,109
島本さんの本はだいたいもってるけどこれはまだ

魔術師の視線
魔術師の視線
posted with amazlet at 15.02.18
本多 孝好
新潮社
売り上げランキング: 271,154
本多サンの本はだいたいもってるけど(以下略

我が心の底の光
我が心の底の光
posted with amazlet at 15.02.18
貫井 徳郎
双葉社
売り上げランキング: 5,933
貫井さんの本はだいたい(以下略

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡 恵理
新潮社 (2011-08-28)
売り上げランキング: 18,898
ドラマ見てなかったけど読みたいなあって
トラックバック(0)  コメント(0)
2014'10.02.Thu

銀翼のイカロス感想 多分ネタバレなし

銀翼のイカロス
銀翼のイカロス
posted with amazlet at 14.10.02
池井戸 潤
ダイヤモンド社 (2014-08-01)
売り上げランキング: 128

 読み終えました。正直半沢直樹シリーズで一番つまらなかったです。今まで出てきた人物ひとりひとりの生き様というか仕事ぶりは格好良いしそういう仕事人を描くのはやっぱり上手いなあと思うのですがいかせん話のつくりじたいがイマイチかなと。話の舞台は大きくなっているにも関わらず話の奥行きは反対になくなっているように思えました。ただあの男の生きざまを描くためにはこれくらいの舞台を用意しなければならんかったんだろうなというのもわかります。個人的に面白いなと思ったのはある人物の意外な協力(と言っては語弊があるけど協力)はなんだか嬉しく思えました。星は3つ…いや2.5です。読了感大切にするひとはロスジェネで終わっておくほうが今のところは無難かなー。(いや続き書くのか書いてるのかは知らないですがね)

薔薇の名前〈上〉エーコ
トラックバック(0)  コメント(0)
2014'09.30.Tue

ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲
ロスジェネの逆襲
posted with amazlet at 14.09.30
池井戸 潤
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 517

 はい、半沢直樹三作目読み終えましたー。読み直しだけど結構早く読み終わったのはやっぱり面白いからですね。2作目はどうしても佳境に入るまでがあまり楽しくないのでぐだぐだしてしまいましたがこの三作目は一気に読めますねー。楽しい、結末も展開も私は3作目が一番好きです。星は4つ。ドラマでえー?って思った人は読んでみればいいと思います。
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。