--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'12.31.Tue

我が家のへびさんたち

 今年ももうすぐ終わりですね。干支の置物ももうすぐしまわれてしまいます。以前撮ったものですが記念にアップ。
 上のものが清荒神のもので、下のものは百貨店企画の職人市で買ったもの。どちらも可愛いなぁ
へび1

へびさん2
スポンサーサイト
日常トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.31.Tue

分身 感想 【東野 圭吾長編】

分身 (集英社文庫)
分身 (集英社文庫)
posted with amazlet at 13.12.31
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 5,615



・分身感想はRead moreより(※ネタバレ注意)

関連作品
赤毛のアン/薔薇の名前/サウンド・オブ・ミュージック/アガサ・クリスティ作品/パーシー・ビッシュ・シェリー/星の王子さま
 ...READ MORE?
トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.30.Mon

この間言ってたふくろうマグカップの魅力をば

ふくろうマグカップ グレイ
若峰窯
売り上げランキング: 202,482


ふくろう2
 この間言っていたふくろうマグの魅力を紹介。とんでもなく可愛いんですよ!ってアマゾンで調べたら、あれれ?可愛く映ってるのあったわ(一番上の写真ね)……前さがした時はなかったのに。ただ前に紹介したのより値段が高いですねぇ。もしかしてあっちとこっちじゃ写真うつりの問題じゃなく商品自体が違うのかな??

 これが前写真うつり悪いーって言ったやつなんだけど。混乱してきた……まあ、でも多分一緒だよね。トリアエーズお勧めですよ。
 もっとふくろうマグの写メを見たい方はRea dmoreからどうぞ

【追記】

もうひとつ発見。こっちのほうがもっと高いねー。ただ、写真うつりは一番いいかも。あと私の写メに映ってるの緑色のは緑茶で中の色が緑なマグカップとかではないですのであしからず
関連記事
夜食
下の記事の続きみたいなもの
 ...READ MORE?
日常トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.29.Sun

ちょっくらぶらり

まほろ駅前狂騒曲
まほろ駅前狂騒曲
posted with amazlet at 13.12.31
三浦 しをん
文藝春秋
売り上げランキング: 1,964


 なんとなーくいろいろなブログ見て回っていたらまほろの第三弾が出ていることを今しがた知りました。ほしい。
 まあ私は新刊は買わないんですけどねー。新刊買うにしても新古本置いてる古本屋さんで購入します。ただ、古本屋さんや古書屋さんは最近どんどん潰れていっています。潰れなくっても縮小化したりして悲しい……ブックオフの台頭が大きいんでしょうね。街のビデオ屋さんが軒並みTSUTAYAに潰されていったことを思い出させます。
 とか言いつつブックオフかなり利用する人間です。半額セールとか本当においしいですよ。あと500円市とかも(๑´ڡ`๑)
 あと真央の本も発見ー!くっそーほしいなぁ。まあ別にその内でいいかー

欲しいものトラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.28.Sat

拍手について

 拍手ありがとうございます。いつも多分拍手をくださる方がいるようですね。ほんとうに本当に嬉しいです。
 ただ、今回を持ちまして拍手のお礼を記事内で書くのはやめようと思います。なんだか拍手を強請っているようで申し訳なくなってきてしまって。
 けれど、心のなかでこれからも拍手をくだされば、ありがとうとつぶやきます。いつも拍手ありがとう。
日常トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.28.Sat

地下街の雨 感想 【宮部みゆき短編集】

地下街の雨 (集英社文庫)地下街の雨 (集英社文庫)
(1998/10/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

・不文律 (※ネタバレ注意)
 一家4人車ごと海中へ 無理心中の疑い。そんな見出しから始まる。一家の話が近隣住人や会社抱えの精神科医、祖母、奥さんの友人、旦那さんの旧友、同僚、愛人などから語られる。その中で夫婦二人の性格や問題が浮き彫りになる。そこに誘拐ごっこという遊びがからんで――脅迫状が自分宛てのものと勘違いした旦那、満男は無理心中を図った。嫁の静子は約束事等を文章化する人間であったため起こった勘違いだった。引き金になったのは――

『片瀬にはわたしと子どもたちを養う責任があるんだから、ほかに女ができただの、その女の方を愛してるだの、いまさら言われたって困るのよ。そんな理屈にあわない無責任なこと、あたしは絶対許さないから』
(すこし飛ばして)
『おまえがそんなふうに、俺にはおまえたちを養う義務がある、家庭を守る義務があると言い張るのを聞いていると、俺は囚人になったような気がする。俺の人生を抵当にとられたような気がする』

――この部分だろうと刑事が巡らした推理がそのままタイトルとなっている。彼らは口に出してしまったが、夫婦間の不文律だ。
 個人的にちょっと悩んだのが一家心中を満男が選んだのはただ単に追い詰められたから(突発的に人生から逃亡することを選んだのか)、それとも家族自体も彼にとって財産だったから一家ごと心中したのか。後者であれば、非常に切ない話である。
トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.28.Sat

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ [DVD]風の谷のナウシカ [DVD]
(2003/11/19)
Windows

商品詳細を見る

 なんだか最近拍手をたくさん頂いております。感謝感激雨あられです。
 さて、今日の金曜ロードショーの風の谷のナウシカ見ておりました。本当に名作ですね。なんだか以前はなんともなかったところまで涙が溢れてきて驚きました。
 個人的に好きなシーンは――

「この手を見てくだされ。ジル様と同じ病じゃ。あと半年もすれば石と同じになっちまう
わしらの姫様は、この手を好きだと言うてくれる。働き者のきれいな手だと言うてくれましたわい」


――この部分は何度聞いてもぐっと来ます。
 私事ですが、中学生の体育の時間に二人組で体操をするように命じられました。相手の子は父親がいない家庭の子で母親は夜が遅いから家事をよく手伝っているのを知っていました。私は逆に母は専業主婦で過保護だったので家事などほとんど手伝いませんでした。その女の子と手をつないで柔軟をすることになりました。彼女の手を握ると皮が硬いんです。母のような手をしていたんです。私は急に恥ずかしくなりました。彼女が家事を頑張っている時私はのんきに遊んでいたので。そしてそのとき同時にナウシカのこのシーンが浮かびました。このことがある前からすごく好きで印象深かったので浮かんだのです。ですが、この体育のことがあってから更に私にとって特別なシーンになったのです。
 あと、どうでもいい話ですけどいつの間にピンクの服が青色になっていたんだ、と思いググったところわかりました。オウムの子が酸の海に入ろうとしたのを止めた時、オウムの子の青い血であのピンクの服は青い衣装へと変わったわけらしいです。
 そういえばナウシカって確か続きがちゃんとあるんですよね。お家にナウシカの原作あったはずだけど読んだことないなぁ、でも今は父が仕事で持って行ってるかもだなぁ

映画・TVトラックバック(0)  コメント(4)
2013'12.27.Fri

下の記事の続きみたいなもの

 ふくろうマグあるかなーって調べたら下の夜食全部アマゾンで買えることが判明……今の時代すごいわ。牛乳が売っていることに無駄に感動した。ただちょっと不満なのがうちのふくろうマグカップさんの写真うつり(というか画質)が悪いこと。茶色いふくろうマグの方は鮮やかに写っているのになぁ。茶色い方のも持っているんですが色合いが明るすぎて味とかあたたかみに欠けるんですよね(個人的感想です)。絶対灰色の方が可愛いです。今度写メりまくって証明します!
 あと、私的おすすめお菓子ハッピーターン。ハッピーターンは小袋入りのと個別包装のもので味が違うので注意ですよ、注意!私が好きなのは個別包装の方。小袋入りはちょっと塩味が効きすぎなのですよ。まあ、美味しいですけどね。
 あと地下街の雨(決して見えない)の記事に拍手くれた人ありがとうございます~。
  
  


日常トラックバック(1)  コメント(0)
2013'12.27.Fri

夜食

b.jpg


小腹がすいたのでほっとミルクにメイプルシロップ入れて飲む。プラスハッピーターン
太るって?しーらない
日常トラックバック(0)  コメント(0)
2013'12.26.Thu

地下街の雨 感想 【宮部みゆき短編集】

地下街の雨 (集英社文庫)地下街の雨 (集英社文庫)
(1998/10/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

・決して見えない (※ネタバレ注意)
 ある春、とはいっても寒い雨の夜中新婚の悦郎はタクシー乗り場にてタクシーを待つ。この時間、このタクシー乗り場に来るタクシーは少ない。悦郎の後ろには一人、見知らぬ老人がいた。人のよい悦郎は自分の番が来てもタクシーがまた来るまでは時間がかかるだろう。タクシーに一人乗るのは気が引けると老人に話しかける。老人はタクシーは暫く来そうにもないから歩いていこうと提案。二人は歩きながら話をする。それは黒い糸にまつわる話だった。黒い糸というのは死を看取る人同士をつなぐ糸で、大抵の人間は赤い糸と一緒に小指にひっついている。だから、赤い糸の人間に看取ってもらう人は多い。だが、たまに赤い糸と黒い糸がセットになっていない人間がいる。それは、空恐ろしい話だった。老人は悦郎と黒い糸でつながっていると暗に言う。悦郎のようないい人の死神になってしまうのは運が悪いと言う。老人がさよならと言い去るところを悦郎は引きとめようとするとエンジンの切り裂くような音がして――はっと目が覚めた。悦郎は電車の中で夢を見ていたようだった。だが、夢と同じように……?

 普通にホラーなお話です。不思議系でもありますね。なんでタクシーが止まってくれなかったのかとかちょっとわからなかったです。夢だから?タクシー運転手と黒い糸で結ばれていないイレギュラーな存在だから?それともミスリードを誘うためかな。私が読み落としたり読解が足りてないだけかな。
 黒い糸という発想やオチのつけ方、というか話の構成は素晴らしいですね。ぞっとしました。
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。