FC2ブログ
2014'01.30.Thu

彩雲国物語 一、はじまりの風は紅く (角川文庫) 非ネタバレ感想 【雪乃 紗衣 長編】

彩雲国物語  一、はじまりの風は紅く (角川文庫)
雪乃 紗衣
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-10-25)
売り上げランキング: 295,661

 読み終えたので。星は2.5くらいですね。
 前提として、この本は以前出版されたライトノベル(少女小説とかの方が正しいのかな?)を一般小説化したものなんです。以前私はライトノベルの方を読んだことがあるんですよね。正直言うとそっちの方が面白かった。以下理由です。
 まず、ラノベっぽさが残っていること。これでは一般小説化した意味があるのだろうかと考えてしまいました。子供の時好きだった人が大人になってから読みやすいように書き換えられた彩雲国物語を期待していたのに残念。
 また、ライトノベルの恋愛模様や展開にドキドキしたりワクワクしたり笑える部分が削られているというか削ぎ落とされている気がしました。私が年をとってしまったから感じ方が変わってしまったのかなと考えましたが違うと思います。なんだかなぁと。中途半端でどっちつかずかななんて思いました。ラノベから一般書も読むようになる過程にもできなさそうな本ですし存在意義自体あまり感じられませんでした……。
 ただ、ライトノベルの頃から1巻目は私あんまり好きじゃなかったのでもしかしたら2巻読めば印象は変わるかもしれません。ただ、話の流れは変わっていないのでおすすめするなら下記のライトノベルの方ですね
彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
雪乃 紗衣
角川書店
売り上げランキング: 94,379

トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL